19 May 2008

古いシャンデリアガラス

ベルギーの田舎町では、ゆとりのある笑顔がたくさん。
列車が田舎に向かうごとに、なぜかお天気までよくなっていき、少し暑いくらいの陽気。

そんな中で出会ったシャンデリアパーツばかりを並べているディラーさん。
そろそろ店じまいと片付け始めているところを、哀願し、じっくり見せて頂くことができました。

古いシャンデリアのガラスたちは、少し角がとれて丸くなった老人のように柔らかな輝き。
何時間あっても時間が足りないほど、ずっと見ていたい。

今回のヨーロッパ買い付けでは、「買いしめない」というのがひとつのテーマ。
たくさんある中から、少しわけてもらって。
それを、少しずつ皆さんにご紹介させて頂く。

そのひとつを仲良しのお客様が素敵なピアスにして下さいました。

Category: journal, 旅:voyage | Comments Off on 古いシャンデリアガラス